”好奇心集団sujaku”のリーダーの玉妃(たまき)でございます。

このブログは、【幸せ美人】になる過程や4つの条件をクリアしていくためのメソッドをご紹介します!

ー【幸せ美人】になって満喫した人生を歩んでいくー 連載シリーズ第1弾です!

----------------

【幸せ美人の条件】「美人」の10の特徴と4つの条件を以前ご紹介しました。

【幸せ美人の条件】をちょっとおさらいします。

条件1:内面の美しさ

 

条件2:美意識が高い

 

条件3:充実した毎日

 

条件4:美しい歳の重ね方


充実した毎日を送るためには

条件2:充実した毎日を送る」ためのメソッドをご紹介します。

前回は、良質な睡眠のための朝づくりをご紹介いたしました。

セロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンを作りだすのに重要な存在、でしたね。

今回は、とっておきの夜づくりです。

良質な睡眠のために、睡眠ホルモンメラトニンをたくさん分泌させていくメソッドです。

その前に・・・

皆様は、下に書いてあるような兆候はありませんか。

ーーーーーーーーーーーーー

本当によく眠れていますか?

・寝つきが悪い

・途中で何度も目が覚める

・時間的には眠っているのに疲れがとれない

・朝の寝起きが悪い

このような状態の時は、心と身体のバランスが崩れ始めています。

ストレスが主な原因だと思われますが、生きていればストレスはかかるものです。

その原因を排除できればいいのですが、そうもいかない状況の時も多々ありますよね。

では、どうしましょうか。

ーーーーーーーーーーーーー

良質な睡眠のためのとっておきの夜づくり

日中の行動が良質な睡眠を作りますが、眠る前の夜の過ごし方もちょっぴり大切です。

夕食の献立にも工夫を

肉・魚・卵・大豆製品・牛乳・チーズなど含まれた献立がいいですね。

ストライクゾーンが広いので、献立に取り入れやすいのではないかと思います。

夜の20時あたりに、セロトニンから睡眠ホルモンであるメラトニンへと切り替わるため、それまでにできるだけセロトニンをたくさん分泌させておきたい。

セロトニンは、メラトニンの働きを良くしますから・・・

そして、夕食のシチュエーション

・夕食の時間

・効果的な食事の場所

・誰と食べると良いか

というお話はコチラのブログでお話しました。(お鍋がほっこりする理由)

参考にしていただけましたらgoodです(^^♪

入浴のコツ

よく言われていますのは、「ややぬるめのお湯にじっくり浸かる」ですが、私は「熱めのお湯に浸かる」ほうがリラックス感がアップしますのでこちらを採用しています。

ゆるめのお湯は、自律神経を整えてくれますので良いには良いのですが、38~40℃は私にとって「寒っ」ですので(^^;

では、最もおススメしたいのは、

・足裏マッサージ

・角質取り

です。

足裏は、”第二の心臓”と言われるほど大切な部位です。

足裏マッサージは、リンパ・血行を良くするため、疲労回復・自律神経の調整をしてくれます。

足裏の角質は、厚くなると血行が悪くなります。さらにターンオーバーに120日くらいかかるため、こまめなケアが必要とされる部位です。

難しいことは何もしていません。

湯舟に浸かっている時に、足裏の「イタ気持ちいい」ところを押しています。

そして、お湯に浸かったあと柔らかくなった角質を取る、非常にシンプルです。

コツは、”続けること”ですかね。

参考までに、角質取りのグッズをご紹介させていただきますね。


ドクターショール ツインヘッド かかと角質除去

 

 
aogi かかと角質取り かかとケア ガサ ガサ 角質除去 両面 踵ヤスリ 120 / 220 専用 ケース付

袋がついていると、旅行の際に便利でした!

いろいろな種類を使ってみましたが、100均のものはあまりおススメしません・・・

効果があまり・・・でした。

リラックスタイムのこだわり

夕食、入浴・・・終わりました。

すぐに眠らず、何かをして過ごす時

その場所(リビングや寝室など)の照明は、

・間接照明くらいの明るさにする

なぜなら、眠る前の時間の過ごし方が、メラトニンの分泌に影響を与えるからなのです。

メラトニンの分泌は、眠る前に活発になっているのですが、照明を少し落とした状態で1~2時間過ごすとさらに分泌が高まります。

寝室の準備

さてそろそろ休みましょうか。

ベッド(または布団)に入る前にやっておきたいことは、

・寝室の照明は消す(真っ暗が良いと言われています)

寝ている間の光も、メラトニンの分泌に影響を与えるんです。

人が寝ている間、網膜から光が入るとメラトニンの分泌は抑制されます。

この時間になると、メラトニンは光を嫌うのです。

メラトニンの分泌は、深夜2~3時には減少していきます。それまでに、メラトニンの分泌を高めるだけ高めるのが効果的です。

いかがでしたか(^^♪

とっておきの夜づくりでぜひとも良質な睡眠を手に入れてください!

とっておきの朝づくりもご一緒にどうぞ♡)