あなたの生命保険の担当者はどういった人でしょうか?どのような提案があったでしょうか?何らかの生命保険に加入している人ならば、ネット経由以外であれば誰かと対面して申し込み至ったはずです。

あなたはその担当者のことをどれくらい信頼しているでしょうか?現在、生命保険に加入する経路はたくさんあります。営業社員や代理店、保険ショップや銀行、ネット等、多様化しております。全員ではないでしょうが、なんとなくで保険に加入した人が多いのが現実かと経験から推測します。

ご自身の生命保険の担当者を信頼しているに越したことはないです。なぜなら、大切な保障のアドバイザーだからです。すべてのセールスの人がそうだとは言いませんが、「販売」することがゴールで、加入したら終わりというようなケースは実際たくさんあります。良い悪いかは別にして、現実問題として、よく保険会社の苦情としてそういうケースは存在します。

生命保険の担当者の「見極め」について、経験則からご紹介し参考にしてもらえたらなと思います。

 

担当者の重要性

あなたは生命保険に加入されていますか?担当者とどの程度時間をかけてお話をされましたか?”良い担当者”の定義は難しいですが、少なくとも言えることは、あなたの将来を真剣に考え、あなたのライフスタイルに合わせた保障を提案してくれる人、良き相談相手であること、金融の知見があることだと考えます。もちろん、保険の商品性はとても大事です。一番大事と言っていいでしょうが、同じくらい大事なのが担当者です。どのような提案をするかは担当者によって様々です。保険に対する考え方は千差万別ですし、絶対的な正解は存在しません。だからこそ、双方が納得して、このプランなら安心だ、と言える契約になったかが重要です。

加入してからフォローが絶対必要か?それは契約者次第でしょうし、満足しておられるのなら、別に頻繁に接点を持つ必要はなくてもいいでしょう。本当に納得感があれば、その担当者を信頼しているのならば、それで良いです。

担当者のタイプを知ろう

代表的なタイプを挙げます。

外資系の生命保険会社の営業マン

男性社員が多く、すごく熱心で外見はキリっとしていて綺麗なスーツを着ているイメージ。じっくりお客様と対面でコンサルティング・アドバイスをしながら勧めていくのが一般的です。社内研修をじっくり重ねるので、金融知識に長けている人もたくさんいますが、能力にはバラツキがあり、一概に見た目だけでは判断しにくいです。基本的にはお客様の紹介等を通して自力でマーケットを広げていくので、マーケット開拓ができない人だと、続けられずに早々に辞めてしまう・・・・というケースは少なくありません。一定水準の研修を受けてから、実際の営業活動に出るので、それなりの知識はあると言えます。コンサルティングを通して、じっくり自分にあうプランを考えたい人は合っているかもしれません。

 

大手日系の生命保険会社のセールスレディ

耳にしたことある人も多いでしょうが、セールスレディと呼ばれる方々です。ある程度決まった型の商品を販売しており、職域によく出入りしておられます。職場で見かけたことがある人も多いでしょう。職域や身内のマーケットで活動されている人が多いです。コンサルティングで勧めるというよりかは、義理・人情スタイルが一般的。金融知識が豊かな人もいるのも事実だが、保険の勉強に時間を割く時間が少なく、ライフプランありきの提案スタイルではないのが多いです。提案力という点で見ると弱く、とりあえす「売る」という視点が強く、残念ながらノルマを達成できず、早々に退職する人も多いのも実情です。相手に寄り添いながら、頻繁に顔を出すので、地域の顔なじみの人が良いという人に向いているかもしれません。

代理店

冒頭にお伝えしたとおり、現在は保険に加入する方法がたくさん存在しており、チャネルが多様化しています。近年は、代理店経由で生命保険に加入する人が増えてきているのも事実です。

代理店といっても、代理店の種類も様々です。上記の営業マン時代から、独立して代理店を立ち上げた人もおられますし、複合施設内の保険ショップや、保険専門代理店等があります。特徴として、複数の保険会社の商品を取り扱っていることです。代理店では、複数の保険会社から比較・検討できるのが強みと言えます。たくさんの選択肢から自分に合う商品を探す機会があります。

一点、注意としては、代理店によって、販売する保険会社をあらかじめ絞っているという点です。裏事情ですが、代理店は保険会社からの販売手数料で生きています。手数料率は保険会社によって大小ありますから、自然と販売する代理店側としては、手数料率が高い保険会社の商品を売る傾向が強くなります。必ず、お客様目線かと言うと、100%そうではないという点を頭に入れておくとよいでしょう。

銀行も代理店の一つです。最近は、ほとんどの銀行が保険を扱って販売しています。チラシやポスターが貼られているのを見ることが多いのではないだろうか。生命保険を活用した資産運用系商品の提案が中心ではあるが、銀行側は力を入れて近年保険販売に取り組んでいます。

ネット系生保

代理店もそうだが、ネット系生保は特にここ最近好調にようです。当然、人件費が抑えられるので、安く加入できるというのが最大の強みと言えるでしょう。ただし、若年層は安いのは事実だが、年齢が高くなると、思ったほど安くなく、他で加入するのと大きく変わりなかったりします。加入時もそうですし、実際給付金請求事由が発生した際は、手続きはご自身ですべてやらないといけないので、相談する相手がいないというのがデメリットと言えるでしょう。

まとめ

上記の通り、加入する方法は様々でそれぞれ若干異なっています。あなたの考え方によってどこから加入すべきか異なってきます。あと、当たり前ですが、担当者には個人差がありますので一概には語れません。あくまで参考程度として捉えてください。自分の考え方にあっている人と巡り合えれば素敵だと思います。保険の営業は、辞めてしまう人も多いです。ですので、途中で担当者が変わったという人もおられると思います。長くお付き合いできるのに越したことはないですよね。人間性を見るのは言うまでもありませんが、傾向として上記をご参考にしてもらえたらと思います。最終的には、「商品性+担当者」で加入商品を検討するのがベターですね。

最後に、私の経験から言えることをお伝えし終わりにいたします。

こういう担当者で在るべき

  • 生命保険の仕組みや保険の考え方を教えてくれる人
  • あなたの予算ありきで勝手に設計書を作らない人 (予算から設計しない)
  • 社会保障制度を理解している人

こういう担当者は待った

  • 設計書を初めに持ってくる人
  • 保障額の根拠を尋ねて、即答かつ明確に回答できない人
  • 他社動向を知らない人

 

ご参考になれば幸いです。