感覚

【Sense】
はじめまして好奇心集団・朱雀のメンバー、桃華でございます。

みなさま、いかがおすごしでしょうか。

長梅雨、残暑とつづいて、ようやく秋めいてきましたね

夜も、クーラーなしで就寝できてホッとしていらっしゃるかたもおおいのでは。

 

早いもので九月中盤ですね、お天気も世間も、うつりかわりが、いまとても速いですね。

 

情報、サービス、科学の進歩ありとあらゆるものが巷にあふれ、選択肢が多すぎるのも、困りますね。

 

科学の進歩も著しく、謎の多い宇宙でさえ、近年、ブラックホールの写真撮影が実現されました。

 

いま、解明されていないのは、海底と、深層心理のみともいわれています。

 

そんななか、ヨガを日常的にたのしまれる方(わたしもですが)がとても多いように思います。

 

ヨガは本来、インド伝承哲学アーユルベーダのこころとからだをつなぐメソッドの一つで、グル(師匠)につき、

スピリット・魂の向上にもちいられていたとか。

クリシュナ・マチャリヤというバラモン出身のヨガ教師が、たくさんの弟子をもち、その後そのお弟子さんたちは

ハリウッドセレブをはじめとする各国から依頼をうけはじめ、欧米諸国に教えをひろめていき、ヨガは現代の物質主義にとけこんでいきました。

 

欧米諸国に広める際、インドの方々には日常的にある、神をもとめる感覚を、なにかちがうものにかえるひつようがある、とヨガ教師たちは思ったそうです。

そして、それはその国々、人々に適したものであるべきだと。

 

わたくしは、伝統的なものでありながら、その順応性のたかいグルの姿勢に、何とも言いようのないあたたかさをかんじました。

 

「感覚」すべての方がおもちで、それぞれにちがう、ひとつのことばでは言い表せないもの。

 

この場で多くの方に、それらを探求、そしてたのしんでいけたらと思い、マインドフルネス(Mindfulness)

という言葉にであいました。

 

長くなってしまいましたね。次回はもうすこし、本題の内容について書いていきたいと思います。

 

それでは、ごきげんよう

 

本日の記事の参考

聖なる呼吸