めざせ!完全自給農。

30年近く日経225先物のトレードで飯を食ってきた僕が、ここへ来て何を思ったか野菜作りに目覚めてしまったのです。

もう毎日パソコンのモニターで先物のチャートを見ているのですから、否が応でも市場の動きが伝わってきます。
日本の株式市場の総合指標である225先物は、正に日本経済の最先端を牽引してるのですから、それこそ日本のそして世界の情勢がいち早く伝わってくるのです。

今や一国の国家予算よりも膨れ上がった巨大ファンドの資金は行き場を求めてマーケットを彷徨っています。
それが極端な動きとなってチャートの動きに表れて来ているのですね。

株式市場と実際の経済は連動しているのが本来ですが、近年は市場だけが暴走しているという異常な状態では、いよいよ資本主義システムも限界まで来ているのでは?

そう感じた矢先に、くしくもコロナパンデミックという大混乱が世界を襲いました。

こいつはいよいよやってくるぞ!
じゃあこの先はいったいどこへ舵を向けていけばよいんだ?
そう考えた時、僕は野菜を育てる事を思いついたのです。

僕らの親父の世代は戦後焼け野原の日本が復興を果たすまで、とにかく食べ物が無かった状況でした。
今後の世界がそこまで行くのかどうかは分からないけれど、何は無くても自分の食うものは自分で作れるという人間の最低基本を押さえれば、何があっても怖くないわけです。

この先、資本主義システムが崩壊しても食料が自給出来たら大丈夫(笑)
AIが人の仕事を奪っても野菜が作れたら怖くない
不耕起、無農薬、無肥料の自然農栽培だから安心
目指すは何もしないほったからし自給農

“好奇心集団sujaku”へお越しいただきありがとうございます。ossans倶楽部のオレンジです。

今回は自然農記事のシーズン3【秋~冬】のPart2となります。

この記事は僕自身の記録が目的でもあるので、日を追うごとに内容を書き足していきます。

自然農法

自然農法は自然環境が本来持っている力に任せて野菜を育ててもらうという考え方です。

土の中には虫や植物の死骸があり、無数の微生物(細菌)がそれを分解して野菜に栄養素を与え光合成を促進してくれています。
本来の地中環境には自然に野菜が育つ環境が備わっているのです。

そこに人の手を加える事は自然循環を断ち切る事になります。

畑を耕すことは地中の環境を壊します
肥料を与えると野菜はそれに頼ってしまい、土からの栄養吸収力がなくなります
農薬は畑の生物を殺し、更に野菜を食した人の体にも害を及ぼします

見た目が綺麗な野菜を、早期収穫を望む目的でのこれらの行為は、土を瘦せらせ、どこまでも人の手を入れ続けないと育たない環境となってしまうのです。

もちろん多くの人々に行きわたる野菜を市場に出すためには慣行農法も決して否定するものではありません。
AIやバイオテクノロジーとの融合によって今後も発展していくでしょう。

僕の目指す野菜作りは、
あくまでも自給自足の規模であり
できる限り人の作業を省くほったらかし農法
そして安全で美味しい野菜作り

今はこれを完成する為に小さな畑を借りて実験的に農作業をやっています。

これが完成したら僕は田舎に土地を見つけて本格的に始めたいと思います。

自給自足のコミュニティー・ビレッジを作る
ビレッジの収入はビレッジ住民が全員で作る
移住も週1程度の通いでもOK

パーマカルチャーLifeを一緒にやろうという方なら大歓迎です。
ぜひメールください。

耕起と耕起畑の比較

自然農で野菜を育てるのには土作りが最も大切です。

これから畑作をやろうとする土地が以前は慣行農法での畑であったり、中山間地であるかもしれません。
そんな土地で自然農の畑に適した環境にするには3年かかると言われます。

3年は決して短くはありません。いやむしろ長いです(笑)
3年間春も秋もひたすら育たない野菜を植え続けて我慢するのはかなり試練です。少なくとも僕には(笑)

でもやがて地中環境さえ出来上がれば、後は自然が野菜を育て続けてくれるようになるのです。

しかしそれでも3年は長い(笑)

そこで考えました。いろいろ調べて結論を出しました。

半分の畑は自然農の基本に乗っ取り、不耕起の畝で野菜を植え続けて土作りに重点を置きます。
やがて出来上がる自然農の畑を目標に。

残り半分は耕起した畝で野菜を育てます。
耕起する事で地中の環境をいったんは壊すことになるけど、土に空気を送り込む事で野菜が育つようになります。
この畝で野菜作りを学びながら収穫にまで持っていけば農作業も続けられます。

● 一方は土作りを目的に続ける
● 一方は野菜を育てながら学び、そして収穫する

これが僕の現段階での自然農です。

2021年11月13日(土)

動画では不耕起と耕起の畝での野菜の育ち方比較をやっています。

京都の洛北では山々の三段紅葉が見られる季節です。

2021年11月21日(日)

A畝の半分が空いているので何か野菜を植えたいと思います。
今日は30㎝ほどの深さまで耕起して草マルチをしました。
このまま2週間ほど放置してから野菜を植えていきます。

更にA畝の奥も耕起しました。
ここには花を植えていこうと思います。

レタスを収穫します。

イタリアンパセリと間引いたネギ、小かぶ
これでサラダが出来ますね。

菜の収穫タイミング

播種から60日前後で収穫できる早生種では、白菜の先端を手で押さえて、固く締まっていれば収穫時期です。
時期的には初霜が降りる前が目安です。

収穫が遅れてしまうと、霜や風の影響で外葉がカサカサになったり、腐ったりすることがあるので注意です。

中生・晩生種は栽培期間が長くなるため、越冬して収穫時期を延ばすには、結球部分を外葉でくるみ、先端をひもで縛って寒さ対策を施します。

こうすると外葉は寒さで枯れますが、結球部分は新鮮なまま保存されます。この寒さ対策をしておけば、一般地でも2月いっぱいは収穫できます。ただ暖かくなり始めると白菜が中から腐ってしまうので注意が必要です。

来週あたり一部は収穫して、残りはひもで縛ろうかと思います。

ロッコリーの頂花蕾

ブロッコリーの蕾が出来てきました。

花蕾は一定の大きさで、一定の低温に当たる事でできてきます。

ブロッコリー頂花蕾ができる条件

早生
● 17~18℃で40日以上あたること
● 葉っぱの数が7~8枚

中生
● 12℃前後で40日以上あたること
● 葉っぱの数が12枚前後

晩生
● 5℃以下で50~60日以上あたること
● 葉っぱの数が12枚前後

 

菜の収穫

2021年11月26日(金)

いよいよ白菜の収穫です。
9/5に苗植えしてから80日間でここまで育ちました。

かぶの収穫

2021年12月4日(土)

今日は小株が育ってきたので一部収穫していきます。
10/1に種から植えて約2ヶ月で収穫まで来ました。
不耕起1年目の畑ですから順調だと思います。