前回の記事では

仕事運、ビジネス運を良くしてお金持ちになる、二黒土星の方位を使う方法のお話をしました。

でもわたしの本命星では二黒土星が使えない。

今年は二黒土星が吉方位にならないから使えない。

どうしたら良いの?

大丈夫です!
そんなあなたには二黒土星と同じ効果が得られる方法をおしえちゃいます。

の方法はスバリ!南西の方位を取る

“好奇心集団sujaku”へお越しいただきありがとうございます。オレンジです。

南西の吉方位を使う

南西はもともと定位盤で二黒土星になります。
だから自分の本命星で南西に吉方位が回った時に使えば、二黒土星と同じお金持ちになる効果が得られるのです。

九星によって効果が違う

南西に吉方位が回ってきたら使う。
でも回ってきた九星によってその効果は違ってくるのです。

ここでは効果を九星別に見ていきましょう。

南西に一白水星が回った時 〇

家庭では妻や夫、外では異性の援助協力があり事業やビジネスが発展していきます。
最初は小さな利益ではありますが、時間はかかっても着実に金運は向上していきます。

南西に二黒土星が回った時 〇

堅実に努力をするようになる方位で、事業の収益が上がります。
サラリーマンの人は給料アップや出世へと確実に上がっていきます。

南西に三碧木星が回った時 〇

新しい企画やアイデアが生まれ事業、仕事が発展していきます。

また部下や同僚、子供などの協力を得られるようになります。

長期にわたって仕事の収益が上がります。

南西に四緑木星が回った時 〇

スバリ!商売繁盛の方位ですから商売や事業をされてる方は是非とも使いたい方角です。

取引が活発になる、信用がアップして事業の収益が上がります。
特に貿易や流通関係、また小売り業や問屋などに適した方位です。

サラリーマンの人も出世、栄転、昇進の方位となります。

南西に五黄土星が回った時 ×

この方位は五黄殺の大凶になるので使えません。

南西に六白金星が回った時 〇

大きな発展に繋がる強い方位です。

この方位を使う事で全てが順調に進み大規模な事業拡大となります。

またサラリーマンの人は上司の引き立てを受け、大きな取引成果を得る事が出来る大吉の方位です。

南西に七赤金星が回った時 〇

事業の収益が上がる非常に良い方位です。

この方位は商売繁盛に最適ですから事業をされてる人には是非とも使って欲しい方角です。

サラリーマンの人にも上司や妻、夫、両親などの引き立てを得られ全てが順調に進んでいく方位となります。

南西に八白土星が回った時 ×

暗剣殺の方位となるので、誰も使えません。

南西に九紫火星が回った時 〇

アイデア、インスピレーションを得意とする方位です。

その為企画・商品開発に使うことで大きな収益をもたらしてくれるのです。

事業を次へのステップアップから大きな発展へと導いてくれる方位です。

サラリーマンの人は自分のアイデアや企画が認められ昇進のチャンスを掴むことができます。

 

2021年の定位盤

この記事を書いている2021年は六白中宮の年になります。

定位盤で南西の方角は三碧木星が回っています。
残念ながらこの年は南西が歳破となりますので誰も使う事が出来ません。

歳破とはその歳の十二支と向い(対沖)にある方位で、物事がすべて破れ、思った通りに運ばないという凶作用になります。

2021年の干支である丑は北東に位置しますので、その向かいの南西は歳破となります。

南西が吉方位として使える年まで待ちましょう。

2023年は南西に一白水星が回ってきます。

この一白水星は全ての人にとって吉方位になるとは限りません。
吉方位の人と凶方位の人に分かれるのです。

南西の一白水星が使える人

例えば
本命星が三碧木星で月命星が四緑木星の人の2023年定位盤を見ると
南西の一白水星が大吉となっています。

この人にとっては2023年は是非とも南西方位を使ってお金持ちになってもらいたいタイミングです。

南西の一白水星が使えない人

では本命星が二黒土星、月命星が一白水星の人の定位盤を見ると
南西の一白水星は月命殺となっています。
この人は残念ですがこの方位を使う事が出来ません。

南西の吉方位を使う手順

方位盤を調べる

こちらのサイトが定位盤を提供されていますので今年のご自分の吉方位を調べてください。

ご自分の本命星・月命星と定位盤はこちらのサイトで調べてください。
自動で定位盤が表されます。

>>九星気学LAB

生年月日を入力すれば本命星と月命星から定位盤が出てきます。

その年の南西方位が吉である人は
更に月盤で1月から12月まで同じ南西が吉方位になる月を探してください。

そして最後に日盤でも南西方位が吉になる日を探します。

吉のタイミングで方位を使う

年盤、月盤、日盤の全てで南西が吉方位の時はチャンスです。
滅多にないお金持ちになるタイミングですから、その日には是非とも南西方位を使いましょう。

旅行に行く
引っ越しをする
寝所の移動

二黒土星の象意

二黒土星の象意には
勤勉、努力、安定した仕事などがありますから、この方位を使う事で仕事の発展に働きかけ、そして結果的に金運を上げて行く事が出来るようになります。

重要ポイント

二黒土星及び南西の方位を使えば非常に勤勉になって実直に努力を重ねるようになり仕事の成績が着実に上がっていきます。

経営者の方は無理な冒険はしないで堅実な経営が実を結びます。

商売、事業、仕事面で確実に成果が上がっていき、はじめは小さな利益でも確実に末広がりとなっていきます。

あまり大きな利益を狙わずに、薄利でも多売を心掛けて事業発展から金運を上げて行くようにしましょう。

 

まとめ

前回の記事では事業、仕事の運気をアップしてそして結果的にお金持ちになるのに最適な二黒土星の方位を取るを紹介しました。

でも二黒土星は全ての人が使える方位ではありません。
また吉方位として使える年、日、日はいつもあるわけではありません。

今回はそんな人の為に、また二黒土星が吉方位でない時の為にその対処法として南西の吉方位を使う方法を紹介しました。

南西の方位は二黒土星の本来の位置なので使えば仕事運が上がり、そしてお金持ちになる効果が得られる

更に南西に回った九星の効果も同時に得られる

是非この南西方位を使ってあなたもお金持ちになりましょう。

気学ではまだまだ金運を上げて行く方法があります。
今後の記事で順に紹介していきます。