こんにちは!ちゃーりーです。
ちゃーりーがニュージーランドの永住権を取得したのは、もう7~8年も前のこと。
日本で長年働いた会社を思い切って辞めて、社会のレールからは完全に外れてゼロになりました。

僕は、以前オーストラリアを、地球の歩き方を片手に1か月かけて、リュック1個背負って
バックパッカーで1周したことがあって、宿泊する安宿(ドミトリー:5人部屋)では、世界中からやってきた面白い人達と友達になり、旅のノートを交換したり。
グレートバリアリーフで泳いだり、世界遺産の太古の森林を歩いたり・・・。その経験がずーーっと心の中で、一番大切な経験としてあって、それがどうしても諦めきれませんでした。



日本で在職中も、同僚によく話していましたが、驚くことに殆どの人から理解してもらえませんでした。

<動機>
■自然が大好きで、日本と違って、大自然の綺麗なところで、ずっと住める居場所を海外に確保しておきたい

■日本ではなく、海外で、いろんな国籍の人たちと多様な人種と仲良くなりたい、視野を広げたい

■永住権を取れなくなる年齢になる前に、どうしても取っておきたい

■最低でも2つの国に住める状態に今のうちにしておきたい(今後どんどん厳しくなる)

■もう一度、オーストラリアを旅したあの頃の経験をしてから、人生を改めて見つめなおしたい

と思ったからでした。

そして、いざ会社を辞めるころ、第一志望であるオーストラリアの永住権についても調べてみたのですが、

■高い英語力

■高レベルの(現地での)学歴・職歴

■永住権を取れたとしても、維持するためには毎回5年サイクルのうち2年間以上、オーストラリアに住み続けないと永住権が無くなる → 将来的に親の介護などの問題を考えると維持できなくなる可能性が高い → オーストラリアの市民権(パスポート)を取得すれば? → 取得すると日本は二重国籍の禁止をしているので、どちらかを捨てないといけなくなる → ニュージーランドならば永住権の期限は無期限なので、一度取得すれば永久に住むことができる → 将来的に、もっと踏み込んで、いざニュージーランド市民権を取得してしまえば、オーストラリアのスペシャルビザ:サブクラス444ビザがもらえ、無期限で自由にオーストラリアに滞在・仕事をすることができる → ニュージーランドでいいじゃん。

■実際にニュージーランドへ視察に行ってみたら、想像以上で、その土地の空気・風土が自分に合っていた

という理由で、移住を目指すことを決めたのでした。

その後、職業学校に1年通い、その後ジョブオファーをゲット。最終的には渡航してから2年かからず永住権を取得できました。

それまでには色んな紆余曲折、カルチャーショック、良い面・悪い面など、いろいろなことを目の当たりにし「やっぱり日本のほうが良かったかな? 間違えたかな?」と思ったことも、最初の1年間はありましたが、すでに仕事もやめて背水の陣でニュージーランドに来ているので、永住権を申請するまではベストを尽くしてみよう! の精神で、気づいたら2年間すんでいるうちに(やっぱり移住は、2年間くらい住んでみないと、その国が本当に自分に合っているかどうかは分かりません)、永住権が取れて半年経ったくらいのときに「やっぱり取っておいて良かった」と思えるようになりました。

ざっとまとめて話しましたが、チャーリーの、

■それまでのプロセス

■何を思い・どう行動したのか

■たくさんの人に助けられたこと

■現地の素晴らしい人たち・国民性

■英語ができなくても、永住権を取れた方法

など、次回お伝えできたらなと思っています。
それでは、こうご期待!(^^)