ども、よっしーです。
ゲームと音楽が大好きでして、今日はfinal E2000と言うイヤホンを6か月くらい使い倒したので
レビューをしていきたいと思います。

基本スペック

 

    • タイプ         カナル型

 

    • 接続タイプ       ワイヤード

 

    • ドライバーユニット   ダイナミック型

 

    • インピーダンス     16Ω

 

    • ドライバサイズ     6.4mm

 

    • コード長        1.2m

 

まずは見た目

かなりコンパクトな作りなので女性の方でも付けた時、違和感のない見た目です。
シンプルなデザインが好きな方は絶対に刺さるはず!!finalのイヤホンはカッコイイのがありすぎです。

装着感はどう?

つぎに装着感。カナル型のイヤホンなので耳の奥まで入りイヤーピースのサイズさえ合っていれば装着感はかなり良いです。遮音性もたかく音を聞き込みたい方なんかにオススメです。

実際に聞いてみた。

色々と使用してみたので、つらつらとあげていきます。まずは音楽から。

YOASOBI 【夜に駆ける】

 

藤井 風 【優しさ】

 

日食 なつこ 【水流のロック】

この辺の曲はかなり得意で気持ちよく聞けますね。
この他にも色々なジャンルを聞きました。ポップス、レゲエ、ハードコア、パンクロック、Jazzなどなど。
意外とハードコア辺りはきついかな?と思いましたが全然いけます!!
ただ、ヒップホップだけは全くダメダメでした。

つぎにゲームでの使用感。

APEX、Valorant、ダークソウル3で使用感。それでは行ってみましょー。

Apex Legends

基本無料でローンチから一週間でプレイヤー数が2500万人を突破という驚異的な記憶をたたき出したチームプレイを重視したバトルロワイヤル。
3人一組を基本とし各キャラクターの固有アビリティを駆使しチャンピオンを目指す。

Valorant

ライアットゲームズの新作。こちらも基本無料キャラクターベースの5vs5タクティカルシューター
このゲームもエージェントの固有アビリティや武器を駆使し、スパイクという爆弾を設置し起爆が目的の攻撃側とそれを阻止する防衛側に分かれ、13ラウンド先取での勝利を目指す。

DARK SOULS3

FromSoftwareのアクションRPG。
ダークソウルシリーズ第三作。めちゃくちゃ高難易度でダークな世界観が魅力。雑魚キャラとは言えないくらいの強さでプレイヤーの心を折りにくるが倒した時の爽快感や達成感が癖になるゲームだ。

ゲームはオンラインゲームのApex LegendsとValorantで使ってみましたが、定位感も悪くなく、
普通に右から敵がきてるとか、左から足音が!!っと言う感じにオンラインゲームしてても困ることないです。
ダークソウル3でも試しましたが、かなりの没入感でさいこーでした。

良かったところ、いまいちなところ。

よかった点。シンプルでコンパクトなので、つけた時にあまり気にならずどんな格好でも馴染み通勤や散歩などにも
気軽に持っていけるのがGood。
音質も3000円代とは思えないくらいで中音域と高音域はかなり気持ちいい音を鳴らしてくれ気分も上がります。

ここが、いまいちな点
低音がいまいちで、重低音好きはやめた方が良いです。ただ、普通に聞く分に低音はちょうどいい感じだとおもいます。

結局どうなの?

音楽を聴きこみたい?散歩しながら音楽を聴きたい?ゲームで勝ちたい?

この価格でこれだけの事が難なくこなせるfinal E2000は
迷うことなく購入すべきです。

ここからイヤホン沼にハマるはず!!