めざせ!完全自給農。

農業まったくのド素人であるわたくしオレンジが、事も有ろうに自給農を目指すなんて。
しかも難しいと言われる自然農法でやろうとするなんて...

“好奇心集団sujaku”へお越しいただきありがとうございます。ossans倶楽部のオレンジです。

自然農法

自然農法の原則は他から持ち込まない、他へ持ち出さない。
その土地のあるがままの環境で作物を育てるというものです。

自然農法は
  • 耕さない
  • 肥料を与えない
  • 農薬はまかない
  • 雑草を刈らない

 

際に自然農法をやってみて

畑を耕さないから楽そうに思えるけど、野菜が育つ土が出来上がるまで3年は掛かるといわれます。

肥料を与える手間も要らないとはいえ、無肥料では中々野菜は大きくなりません。

無農薬だと虫対策が大変。

雑草を刈らないから楽だ~!
でも実際は野菜が草たちに負けて育ちにくい。

実際に初めてみて、いろんな問題にぶち当たりました。

1年目の春から夏は16種類の野菜を植えましたがまともに収穫できたのは枝豆と少しのトマトだけでした。

もちろんまだまだ経験不足と勉強不足でもあるし、先人たちも皆通ってこられた道であるはずだからここで諦めるわけにはいきません。

avatar

オレンジ

自然農って、なかなか手ごわい

然農法の目指すところ

畑を耕さない事で自然に備わっている土の中の生態系環境を壊さない。

肥料に頼らない強い野菜を育てる。

虫を駆除する農薬は人の体にも害を及ぼすと考え、無農薬で野菜を育てる。

自然体系そのままに雑草も放置する事で畑が豊かになる。
また虫は雑草も食べるので野菜から虫を遠ざけてくれる。

最終的に目指すところは時間が掛かっても畑の自然な土壌が出来上がれば

 環境に優しく、手のかからない農業
 人の体に優しい野菜
 野菜本来の美味しさ

これが自然農法なのです。

(オレンジ)が目指す農法

自然農法は理想的ではありますが、野菜が育つ土壌が完成されるまで、やはり時間が掛かるようです。

しかし僕が最終目指す農法は
最短の時間で全くの農業素人でも誰もが簡単に野菜を育てられるものである

これを完成させるために僕自身は試行錯誤を繰り返して、時間が掛かってもノウハウを構築するつもりであります。

そして誰でも簡単、最短農法が完成したら皆とシェアしていきます。

前回の記事同様に僕自身の記録が目的でもあるので、日を追うごとに内容を書き足していきます。

~冬の野菜作り

それでは秋から冬の野菜作りスタートです。

冬~春の野菜作りは
畑を耕し、肥料を入れてオーガニック野菜作りをしました。
このやり方では自分で納得できる野菜が出来上がり収穫もできました。

春~夏の野菜作りは
耕さず、無肥料で野菜作りを試みました。
この段階ではほとんど失敗と言える結果となりました。

そこでやった事を振り返り、どこに失敗の原因があるのかを考えていきます。

この春~夏の経験では

 16種類もの野菜をいきなり種から撒いた
まだ土も出来上がっていない状態では苗植えから始めるべきだったのでしょうか。

 そのうち数種類は発芽までは確認できた
 しかし発芽後の成長が見られたのは僅かだった
発芽後にしっかり活着するまでは雑草をしっかり刈る必要があったのでしょうか。

A畝、B畝は全く耕すことなく種を撒いた
発芽はほとんど確認できなかった

C畝、D畝は表面だけを整地し、畝間の土を被せた

C畝、D畝で発芽が確認できた野菜
  • ブロッコリー
  • ネギ
  • 人参
  • イタリアンレタス
  • こかぶ
  • スイカ
  • 枝豆
  • トマトとナスは苗を植えた

 

 そして最後収穫まで出来たのは枝豆と少しのトマトだけだった
枝豆はA畝、D畝で最終収穫まで出来ました。
マメ科はどんな条件でも強いという事が分かりました。

 夏に旺盛になる雑草をほとんど刈らずに放置した
この時期の草刈りはどこまでやるのかの加減が難しかったです。
それと夏のくそ暑い盛りに草刈りはキツくてさぼり気味だった(笑)

● 途中、トマトとナスは苗を植えた
トマトは生育が遅かったけれど、小さくとも収穫は出来ました。
ナスはしっかり実はつけたけれどいつのまにか消えていました。

以上の経験を今後の参考にしていきたいと考えています。

作り

2021年9月5日(日)

今年の夏は例年になく雨が長く続いた印象でした。
暑さのピークは過ぎてかなり気温も穏やかになった来ました。
それでも夏の雑草の勢いは凄くて、土地の管理の人が畑の周りを草刈り機を掛けてくれました。

そろそろ秋植えの準備で畝づくりを始めました。

今回の計画は
 A畝とB畝は深く(30㎝くらい)までしっかりと耕していきます。
深く耕すことで地中に空気を送り込むようにします。

 C畝とD畝はこのままで野菜を植える予定です。
前回畝間の土を被せて自然農の畝づくりはやっているので、ここはこのまま続けます。

今日はB畝を3回鍬入れて耕しました。
畝間も深く掘って畝の高さをかなり出しました。
最後に草マルチをしてこのまま1週間寝かせておきます。

この畝作りはいつも見てる「瀬戸内まいふぁーむ」さんの動画を参考にさせてもらいました。

次回に野菜の苗を植える予定です。

植え

2021年9月11日(土)

先週耕したB畝に苗植えをしていきます。

ブロッコリーとバジル

白菜とイタリアンパセリ

秋の1日は春の10日分と言われるように気候の移り変わりが早いです。

寒くなる前にある程度育って欲しいので結球する野菜は早い時期に植えたいのです。
でもこの時期は虫の活動がまだ活発なので早く植えると虫に食われてしまいます。

だから植えるタイミングが難しいのです。

いつも見てる「自然農かーびぃ」さんの動画を参考にさせてもらいました。

キャベツは1週遅らせて来週に植えたいと思います。

2021年9月18日(日)

今日はキャベツの苗を植えました。

気温も下がって来て日中の畑作業もだいぶ楽になりました。

キャベツ

バジル

先週植えたブロッコリー

バジルは元気です

イタリアンパセリ

白菜は虫に食われてますね

真ん中のスペースに何か植えていこうと考えています。

初めての夏畑を体験して、とにかく雑草の旺盛さに驚きました。
夏の暑い盛りに日中の炎天下での草刈り作業はかなり過酷で今後の雑草対策も考えていく必要があるようです。

冬草を刈らずに残しておくと
●旺盛な夏草を押さえてくれる
●土の乾燥や温度の上昇を抑えてくれる

野菜の邪魔をしない冬草を残しておくのは雑草対策になるようです。

ハコベ

学名:Stellaria
科名:ナデシコ科ハコベ属
分類:越年性一年草

●春の七草のひとつ

●ハコベは土が豊かな場所に生える

● 2月~5月頃に白い花を咲かせる

煎じて飲む
乾燥した全草10gをコップ2杯の水で煎じ、服用します
効果:浄血、催乳、腎臓病のむくみ

貼付法
摘んだ生葉を揉んで柔らかくしたものを患部に貼ります
効果:腫物、歯痛

背が高くならず野菜の生育を妨げない
夏草を押さえてくれるので残しておきたい

 

ホトケノザ

学名:Lamium amplexicaule
科名:シソ科オドリコソウ属
分類:越年性一年草

●春の七草のひとつ

● 春に薄紫の花を咲かせる

効能
胃・腸を整える作用・高血圧予防