世の中知ってて得することや、知らなくて損をすることって幾らでもありますよね。

気づいていないことに気が付いたりすることって、なんか得した気分ですよね。

 

とやしです。

 

 

ここでは、お金に絡んだ、「気づき」を届けたいと思います・・・!

私自身、金融機関に勤めているので、「保険」について、触れたいと思う。お役立ていただけば嬉しく思います。

 

 

早速ですが、

まず、「保険」と聞いて、皆さんは何を感じるだろうか?

 

 

 

「難しそう」、「よく分からない」、「なんとなく必要そう」・・・・等々、基本的にネガティブなイメージがあることの方が多いのだと感じる。多分、よく知らない人の方が多いだろう。

そもそも、「保険」って、広い意味で使いましたが、ここでは具体的に「生命保険」に話を絞りましょう。ここでいう生命保険は、皆さんが思い浮かぶような、死亡保障や入院保障、個人年金とします。

 

実は、多くの人が生命保険を理解していない、にも関わらず何らかの理由で加入しています。

一般的には、約90%の人が生命保険に加入しているという統計があります(世帯別加入率)。

私自身、成人するまで知りませんでしたが、親が私に保険を掛けてくれていたと知りました。家族がいる方ならば、同じような経験をされた方がいるかもしれません。

 

私が、ここで最終的にお伝えしたいこと、気づいてほしいことは、

「保険って何なの。」という部分です。

私自身が過去疑問に思っていたことです。

 

 

まず、最初に結論から申し上げましょう。

 

 

「人による」ということです。

 

 

つまらない回答だなと思われたかもしれませんが、紛れもない事実です!

今のところ、個人的な考えを述べるのは控えて、事実からお伝えしましょう。

 

先ほど、記したように、約90%の人が世帯別でみれば生命保険に何らかの形で加入しています。

不思議だと思いませんか・・・?

これを知ったとき、本当かよ?と私は疑いました。

 

正確な数字は知る由もありませんが、多くの方が加入しているという事実に変わりはありません。

 

 

自分自身でネット等で詳しく調べて、保障内容等を吟味して加入している方もおられるでしょう。

 

信頼できる知人に任せている、という方もおられるでしょう。

 

よく分からないけど、何となく加入しているという方もおられるでしょう。

 

 

経緯は今のところどうでもいいです。

実際、加入しているという事実がある限り、毎月、幾らかの保険料をお支払いしているわけです。

安かろうが、高かろうが。

しかも、毎月掛け金を支払い続けながら、その内容がよく分かっていない人が多数いるという事実・・・。

本当に不思議なことだと思いませんか。。。

 

 

通常、価値があると判断したものに対してお金を支払います。

当然、保険でも同様に、価値があるものだと判断し、掛けているのだと思いたい。

 

生命保険について考えるにあたって、

いくつかキーワードを挙げると、

 

 

なぜ、人は保険に入るのか。

果たして実際に必要なのか。

 

 

なぜ、保険は嫌煙されるのか。

歴史的な背景が潜んでいるのではないか。

 

 

日本には医療保障制制度のように社会保障制度が充実(?)しているでないか。

日本は他国に比べ恵まれているのか。

 

 

 

詳細は、また詳しく語りたいと思います…。

 

 

保険含め、現在の自身の使っているお金の価値や意義について、考えてみてはいかがでしょうか・・・?

 

 

 

 

長くなってしまいましたが、今回はここまでとします・・・!

何か気づきはありましたか・・・?

 

また。