好奇心集団sujakuのソフィアです。 今回は、気になっているサブスクについて調べようと思います。

サブスクとは

サブスク

サブスクリプションの省略形

サブスクリプションとは、商品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式

 

サブスクとレンタルの違い

サブスク

商品やサービスの利用できる期間に代金を支払う。

レンタル

特定の商品やサービスに代金を支払う。

ソフィアもバブルを経験し、ものを購入しては、処分するを繰り返してきましたが、これからの時代は、厳選されたものだけを所有し、足りないものはサブスクを利用し、身軽に生きる! そういう時代が訪れている気がします。

環境問題の観点からも、そして情報や流行のスピードが加速するこの時代には、サブスクが合っているのでしょうね。

その気になるサブスクから、子育てが終わった私が、子育て期にあったら利用したかったなぁと思うサブスクをオススメいたします。

子育てママにおすすめサブスク

①知育玩具

私自身、創造力や空間認識のために子供にいいなぁと思うものを色々と購入しました。そして、子供の成長に従って知り合いに譲ったり、傷んだものは処分しました。知育玩具も流行がありますし、世間で良いと言われているものでも、実際使用する子供の興味を引くものでなければ、購入したことが無駄になりますよね。

プロが選んだ知育玩具を子供の成長に合わせて交換できるなんて最高\(^o^)/ そして、子供がとっても気に入ってるって確信した時、購入するという選択ができますよね。

②絵画

子供って見ていないようで色々なものを観察しているものです。情操教育(自分で考える力感じ方などを形成するために必要な人間力を育てる教育のこと)は感受性が豊かな子供のうちから行うことが大切と言われています。自宅で芸術に触れる、生活の場で 自然にARTを鑑賞できることは、とても大切なことだと思います。季節や気分に合わせて絵画を交換できるということも魅力的ですし、交換することでお子様達との会話も生まれます。インテリアが変わるって、おうち時間が増えたコロナ禍では、パパやママにとっても気分のよいことですよね。

 

③子供服

子供服もどうしてもコレは!と思うものは購入して、ある程度の子供服はサブスクもいいかもしれませんね。(^^)子供の身体的成長はあっという間です。着れなくなった子供服の収納がこれまた大変ですから…

子供服・サブスクで検索すると

キッズローブ(KIDSROBE)

ぴたくるKIDS

がでてきました。子供服は、着せたいと思うお洋服・実際に我が子が似合うか似合わないかという問題もあります。あと、実際にサブスクを利用して 『あっいいなぁ』と思ってからの使用頻度にも個人差はあると思いますので、各ご家庭で比較してからのご利用をオススメいたします。

まとめ

子供の成長はあっという間です。これからの時代は、より賢く無駄なものを増やさず、身軽に生きる時代だと思います。子育て世代は、特に上手にサブスクを活用して、実際に所有するものは量より質を向上させることができます。最終的に処分したり、保管のために場所が必要になることは、できるだけ減らしたいですよね。