”好奇心集団sujaku”のリーダーの玉妃(たまき)でございます。

11月27日(金)よる8時57分~TBS『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』にユーミンこと松任谷由実さんが初登場!

幅広い世代から支持されているユーミンですが、ユーミンの曲を知っている理由が世代別で全然違うのです!

全国3,000人のアンケート調査で「一番好きなユーミンの曲」を選んだ理由が語られていました。そして、世代別ランキングベスト5にその特徴が・・・

そして、番組内で語られた中島みゆきさんとの関係の初エピソードもご紹介します!

目次

 

10代・20代がユーミンの曲を知っている理由

 

30代・40代がユーミンの曲を知っている理由

 

50代・60代がユーミンの曲を知っている理由

 

同世代ミュージシャン。中島みゆきとの関係は?


10代・20代がユーミンの曲を知っている理由

10代・20代が選んだ「一番好きなユーミンの曲」ランキングベスト5

 

1位 春よ、来い 

 

2位 やさしさに包まれたなら

 

3位 ひこうき雲

 

4位 卒業写真

 

5位 ルージュの伝言

2位、3位、5位はジブリ映画の主題歌ですね。

『やさしさに包まれたなら』1989年公開の「魔女の宅急便」の主題歌、ルージュの伝言はキキが旅立つ時にラジオから流れてくる曲です。ひこうき雲は2013年公開の「風立ちぬ」の主題歌となっている楽曲ですね。やはり、宮崎駿監督のジブリ映画でユーミンの曲を知って好きになったみたい。

1位の春よ、来いは、中学の国語の教科書に載っていたり、卒業式に流れていたりで知ったようです。

◆番組内でユーミンへの質問◆

Q:ご自身の曲が教科書に載っているってどんな感じ?

A:即身成仏な感じ(笑)。

30代・40代がユーミンの曲を知っている理由

30代・40代が選んだ「一番好きなユーミンの曲」ランキングベスト5

 

1位 春よ、来い 

 

2位 やさしさに包まれたなら

 

3位 真夏の夜の夢

 

4位 卒業写真

 

5位 Hello, my friend 

3位と5位はドラマの主題歌です。ドラマの影響が大きいとのことです。

真夏の夜の夢は1993年放送のドラマ「誰にも言えない」の主題歌。知っている方も多いと思いますが、佐野史郎さん演じるあの超マザコンの「冬彦さん」です!この曲は、ドラマのストーリーに合わせて作った書き下ろしだそうですよ。

Hello, my friend は1994年放送の「君といた夏」の主題歌。筒井道隆さん、瀬戸朝香さん出演の大学生ラブストーリ—。放送されたドラマをバッチリ観ていたらしい。

1位の春よ、来いは、10代・20代世代の理由とは違って、NHKの朝ドラの主題歌だったからですって。

◆番組内でユーミンへの質問◆

Q:恋愛ソングは経験?

A:ほぼ妄想(笑)実体験では身がもちません。

50代・60代がユーミンの曲を知っている理由

50代・60代が選んだ「一番好きなユーミンの曲」ランキングベスト5

 

1位 卒業写真 

 

2位 中央フリーウェイ

 

3位 ひこうき雲

 

4位 春よ、来い

 

5位 守ってあげたい

3位のひこうき雲は「荒井由実」の歌として知っていた人が多い。ユーミンの旧姓ですね。そしてデビュー作でもあるのです!

2位の『中央フリーウェイ』は、歌詞に東京の中央自動車道が出てきますが、実際にドライブしながら聴いた曲の人が多いみたい。

そして、1位の卒業写真』は学生時代にリアルに聴いていた曲とのことです。まさにユーミンの曲とともに生きた世代ではないでしょうか。

◆番組内でユーミンへの質問◆

Q:引退は?

A:一度も考えたことがない。動き続けるにはどうしたらいいかばかり考えていた。

春よ、来い』『卒業写真』は全世代でランク入り。ひこうき雲はジブリ映画で有名だったり、デビュー作として、「荒井由実」として知っていたり。世代間で理由が違うのも、ユーミンが長く音楽活動を続けた証ですね。

1972年にデビューして今年で48年目!しかも御年66歳!すごいの一言です!

最後に・・・


同世代ミュージシャン。中島みゆきとの関係は?

◆番組内でユーミンへの質問◆

Q:中島みゆきさんのような同世代のミュージシャンをどう思っている?

A:世界観がすごい!たまにすれ違う事がある。20年前くらいだけど、彼女のライブを観に行ったあと一緒にごはんを食べましたね~。私は彼女が好きなんです。彼女も私のことが好きなんだと思う(笑)

おふたりは、音楽性は違いますが交流はあるんですね。どんな会話をされたのかが気になります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ステキな名曲を数多く世に出したユーミン。これからも応援していきたいと思います。